2018(戌年)の年賀状印刷を激安でネット注文しよう

格安年賀状印刷 最初
今年も2018年の年賀状を作る季節がやってきました!

2018年の年賀状作成に悩んでいるそこのあなた!
年賀状を作るなら、やっぱり安い方がいいですよね!

格安で2018年(戌年)の年賀状をネット注文したいなら、できる限り早い方がおすすめですよ!

2017年の格安年賀状印刷業者「ネットスクエア」の例でいうと

格安年賀状印刷 9月の価格と12月の価格 比較

2017年の格安年賀状印刷業者「ネットスクエア」の例
9月1日~9月7日 60%オフ
9月8日~10月5日 58%オフ
10月6日~10月19日 55%オフ
10月20日~10月26日 54%オフ
10月27日~11月03日 51%オフ
11月17日~11月23日 45%オフ
11月24日~12月01日 42%オフ
12月02日~12月8日 41%オフ
12月09日~12月27日 40%オフ

となっていました。

2018年は9月1日~9月18日が「60%オフ」となっているので、期間が伸びている分、下げ幅も大きくなると予想できるので、どちらにしても早めのネット注文が良いでしょう。

ここでは、上記のネットスクエアを含めた格安年賀状印刷業者を「格安年賀状印刷ランキング」として紹介しています!

2018年の年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?

2017(平成29)年用年賀はがきの引受開始は12月15日(木)からになります。
年賀状は12月25日(日)までにお出しください。

安い年賀状印刷ネット注文3社の料金比較

ネットスクウェア らくらく年賀状 挨拶状ドットコム
はがき代 52円 47円 52円
送料 無料 500円 無料
宛名印刷 なし あり あり
50枚ネット注文した場合の料金 2,089円~ 4,346円~ 6,264円~
早割情報 公式サイトで確認する 公式サイトで確認する 公式サイトで確認する

安い年賀状印刷ネット注文おすすめ口コミランキング2018(戌年)

1位.年賀状・喪中はがきの印刷なら【ネットスクウェア】

注文するのが早ければ早いほど格安ということで人気の高いのが「ネットスクエア」。とにかく安く、コスパ重視の方ならネットスクエアが一番おすすめ!

デザインも924種類の中から選べるので、気にいるデザインで安く印刷できます。ネット注文の方法が簡単なので、スマホからでも手軽にネット注文することができます。

また、送料は全て無料!注文枚数で送料が変わることはないので安心してネット注文できますよ。「既存のデザインから作りたい」「安く済ませたい」という方におすすめです!

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
52円 無料 なし 2,089円~
  • 格安年賀状印刷業界最安値!
  • スマホやパソコンからのネット注文が簡単!
  • 924種類の年賀状印刷デザインから選べる!
  • ご注文料金に関わらず、送料無料!
  • ネット注文を受け付けて、翌々営業日に出荷
  • 写真入りの年賀状がキレイ!

2位.らくらく年賀状

支払い合計総額は業界最安値!年賀はがきの値段が47円なので、普通に購入するよりも安くすみます。
さらに会員登録で5%オフの割引があるので、とにかく安く年賀状印刷を利用したい人におすすめ!

500種以上のデザインテンプレートが用意されているので、イメージや用途に合わせて選ぶだけで簡単にオリジナルの年賀状が作成できますよ。

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
47円 500円 あり 4,346円~

3位.年賀状印刷なら【挨拶状ドットコム】

年賀はがき

挨拶状ドットコムの魅力はなんといっても、他にはないオリジナリティあふれる豊富なデザイン!ユニーク・和風・ポップ・筆文字など、年代問わずお気に入りのデザインが見つかります。

他の業者とデザインが被っちゃうことが無いように、デザイナーの方と直接契約も行っています。

しかも、宛名印刷を無料で行ってくれます!自作のデータ入稿もOKなので、「デザインにこだわりたい」「宛名印刷アリがいい」という方におすすめです。

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
52円 無料 あり 6,264円~

4位.年賀状印刷なら!!【いんさつどっとねっと】


1500種類以上のデザインに加えて、ミッキーやプーさんなどディズニーの人気キャラも選べる「いんさつどっとねっと」!他にもセサミストリートやしまじろうなどのキャラクターも選べるので、特にお子様がいるご家庭での支持率が高く人気です。

キャラのみの印刷だけでなく、そこに自分の写真を加えることもできるのも嬉しいポイント!さらに、いんさつどっとねっとで注文した方にはマスコットやカレンダーなどのちょっと嬉しくなる特典も付いてきますよ。

「ディズニーが好き」「キャラクターが入った年賀状がいい」「子どもが喜ぶデザインにしたい」方におすすめです。

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
52円 500円 あり 6,751円~

5位.プリント100点ドットコム

purint
高品質・低価格・短納期で、デザイン年賀状に写真を付けて作りたいという方は「プリント100点ドットコム」がおすすめです。

「プリント100点ドットコム」では定番タイプはもちろん、癒し・かわいい系タイプや法人向けビジネスタイプなど、様々なニーズに合わせたデザインが何千通りもあります。

「プリント100点ドットコム」で、自分の好みに合った年賀状印刷を作ってみませんか?

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
52円 無料 あり 4,600円~

6位.写真入りデザイナーズ年賀状【年賀家族2018】



H30年度(戌年)の年賀状印刷が最安値で注文できる「年賀家族2018」は、全国送料¥0・代引き手数料無料・特急対応で2営業日出荷!というかなり安い価格で素晴らしい対応をしてくれます。

年賀状印刷のデザインもおしゃれでかわいいにも関わらず、7万バリエーションもあり、毎年リピーターが絶えません。

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
52円 無料 あり 10,087円~

7位.ネットプリントジャパン



日本最大級のインターネット写真プリントサービス「ネットプリントジャパン」は2018年(戌年)の年賀状印刷スマホからいつでも格安で注文できます!

年賀状印刷専用アプリもあり、他の年賀状印刷屋さんに比べても、高画質で簡単に注文することができます。

今なら宛名印刷・宅配便送料が無料なのでかなりお得に利用できますよ。

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
52円 無料 あり 5,184円~

8位.『Rakpo』豊富なデザイン!激安、簡単年賀状



注文方法は選んで入力するだけ!ややこしい操作はいらないので、初めて年賀状印刷サービスを使う方でも安心なのがRakpo(ラクポ)です。

富士フィルムの写真プリントを採用しているので、とにかく写真がキレイ!大切な家族の写真をキレイに印刷したい人にはピッタリです。

1200種あるデザインの中には写真フレームも豊富に用意されています。14時までに注文すれば最短翌日仕上げも可能なので、急いでいる場合でも安心!

「写真をキレイに印刷したい」「注文方法が簡単な方がいい」という方におすすめです。

はがき代 送料 宛名印刷 50枚ネット注文した場合の料金
47円 無料 あり 5,870円~

2018年の格安年賀状印刷業者の選び方

2018年 格安年賀状印刷業者 選び方
2018年の年賀状印刷業者の選び方を紹介します!

年賀状は安さで選ぶ

年賀状を大量に出す場合、費用が気になるという人も多いでしょう。そんな時は安さにこだわって業者を選ぶと良いです。

例えば印刷ですが、時間に余裕を持って依頼するだけでかなり違ってきます。なぜなら当日仕上げなどの早刷りの場合は、たいていは割高の料金設定になっているからです。

さらに色を減らすのも良い方法です。同じデザインの年賀状だったとしても、フルカラーと白黒では圧倒的に後者の方が安上がりです。他にも宛名は自分で書くなど工夫をしておきましょう。

年賀状は賀詞で選ぶ

賀詞とは、本来お祝いの祝意を表す言葉です。そこから派生して年賀に用いる新年を祝う語句を指して賀詞と呼ぶようになりました。

従って年賀状は、賀詞で選ぶものだといわれています。

新年のお祝いの言葉は、多くの種類があります。一般的には、同僚や同年輩以外の方に送る場合は、「賀正」「迎春」といった2文字熟語は避けるのが作法と言われています。

一文字では、寿、福、春、禧などがあります。春は、新年になることを表す言葉です。4文字では、謹賀新年、恭賀新年などが有名です。

年賀状は写真点数で選ぶ

年賀状にはいろいろな情報を盛り込んでいきたいものです。

そのようなときに役立つのが写真です。写真を載せたいと思うとき、一枚で済む場合と、何枚も載せたい場合などで使いたい写真点数が変わってきます。

家族全員の写真を載せたいときなど、複数枚に及ぶ場合は珍しくありません。

自分の使いたい写真点数に合わせたフォーマットのある業者を選ぶようにしたいものです。

無理に一枚にまとめるよりも、素敵な写真を複数使ったほうが効果的なこともあるためです。

年賀状はデザインで選ぶ

年最後の大仕事の一つに入るのが年賀状書きではないでしょうか。

まずデザインを選ぶことで、どのような基準で選べば良いのかが悩みにもなります。

上司や会社の同僚に派手すぎるのは失礼かな、親戚や父母、義理父母にラフすぎるのもちょっと、友達にかしこまりすぎるのも固いようにも感じます。

今の時代、パソコンで1枚1枚作れたり、写真屋で1枚からの注文も主流になっています。

上司や会社の同僚、親戚や父母、義理父母、友達と分類なね分けて作成したり、注文したらいいですね。

割引率と合計金額をチェック

年末ちかくになると、年賀状はどうするかで悩む人が多いです。最近はメールで済ますという人も増えていますが、年初のあいさつによって、相手の近況をしることのできる年賀状は、欠かさないという人も多いです。

最近では自分でつくれるネットサイトもありますが、業者に依頼したほうが出来上がりがきれいなのは事実です。

業者の費用は格安のものも増えています。そのポイントは早めに依頼するという早割りキャンペーンを利用して申し込むと、定価よりも格安でつくれます。

年末ぎりぎりよりも割引率は高いですし、きれいに印刷されているので年賀状印刷は業者に依頼する人も増えています。まずは合計金額が早割りと定価がどれだけ違うかくらべてみるといいでしょう。

年賀状印刷以外にかかる費用がないかチェック

年賀状印刷に必要な料金は印刷費だけではありません。格安で印刷するためには、次の3つのポイントをチェックしましょう。

まず一つ目は年賀はがき代金です。固定費と思われがちですが、中には割引がある会社もあります。

二つ目は基本料金です。印刷費用以外に、一件につき一律の基本料金がかかる会社もあります。その分、写真を使ったりキャラクター年賀状だったりと、デザインにこだわることができるのが特徴です。

三つ目は送料です。枚数によって無料になる場合もあります。宛名印刷に加えて投函代行までしてくれる会社なら、送料無料ですし、海外から日本国内へ年賀状を送ることもできるメリットもあります。

以上のポイントを押さえながら、最終的にかかる費用を比較すると、一枚あたりのコストパフォーマンスの高い印刷会社を選ぶことができます。

早割りなどのキャンペーンを狙う

年賀状は年末の風物詩の一つと言っても差し支えありません。ですが出す枚数も多いため、毎年年賀状の準備が大変だと言う人も多いでしょう。

特に自宅で印刷するとなると、その手間暇を考えるだけで憂鬱になるほどです。そこでおすすめなのが、年賀状印刷の早割りキャンペーンを狙う方法です。

11月中に年賀状印刷を頼むと格安で請け負ってくれるキャンペーンを行っている印刷会社が多いので、それを利用しない手はありません。非常に割引率が高くお得な上に、プロに印刷を任せることが出来る為安心です。

それに自宅で印刷するとなると失敗してしまう可能性もありますが、そんな心配も不要になります。お得に綺麗な年賀状を手に入れるために、印刷会社の早割りキャンペーンを必ずチェックしましょう。

年賀状印刷での目的をしっかり決めておく

年賀状出すことは毎年年末の恒例行事であると共に、その準備に憂鬱になってしまうという人も少なくないでしょう。自分で印刷を行うのは非常に大変です。そこで年賀状印刷をしてくれる印刷会社に依頼したいと考えます。

格安であれば言う事はありませんが、年賀状は非常に大事なものです。いくら安くても品質が良くなければ意味がありません。写真がキレイに写り、おしゃれなデザインがあるかどうかが重要です。

安いということだけで丸投げして依頼することは非常に危険です。

値段を最重視する場合はそれでもいいかもしれませんが、写真の写りやデザインを重視したいならば、事前にその印刷会社のカタログなどを必ず注意する事を忘れないように注意しましょう。

2018年の安い年賀状印刷をネット注文で行うメリット

2018年 安い年賀状印刷 ネット注文 メリット

手書きより早く出来上がる

なんといっても年賀状のネット注文は、印刷が早いです。手書きで年賀状を100枚用意するとなると、何日かかるのやらです。しかし印刷を依頼すると、最速で数時間以内に印刷が終わることもあります。

繁忙期ですと特急料金がかかることもありますが、あらかじめ年末までの期間が長いほど早めに印刷をお願いすると、お得な料金になります。

様々なデザインが用意されてて、自分でデザインするより完成度が高いこともある

自分が年賀状を作るならこんな感じとイメージがあって、デザインカタログを見てると想像以上に出来の良いデザインも載っていることがあります。

何も思いつかないままデザインカタログを見て決められますし、印刷会社から用意されたデザインカタログは便利です。

印刷なので手書きとは違い、同じデザインを量産出来る

1枚1枚同じように手書きをこころがけても、微妙にずれてたり失敗してしまうこともあります。しかし印刷だと、オリジナルの手書きの絵をハンコのようにプリントしていくので、同じ絵や文字を量産できます。

緊急に年賀状が必要な時も対応してくれる

自分が年賀状を出して年を越してから、予想外の人から年賀状が届くこともあります。自分の手元には年賀状の在庫は無い、さてどうしよう、となるわけです。お正月は返事の年賀状を用意する時間がない時に、年賀状印刷を依頼するのも便利です。

ただし時期が遅くなると、寒中見舞いになりますので、年賀状として郵送したい場合、オプションで特急料金で急ぎで印刷してもらえることもあります。

2018年の安い年賀状を準備する時期(タイミング)と作り方

2018年 年賀状 準備 時期 作り方
2018年の年賀状を準備する時期(タイミング)と作り方ですが、できるだけ早くに用意しておいた方が良いでしょう。

人によっては年賀状を自作したり、買ったり、依頼したりするなどさまざまありますので準備期間の違いはあると思いますが、年末が近づいてくると忙しくなってきますので手が空いているうちに準備をしておくのが望ましいです。

年賀状の販売は店舗でもネットでも9月から予約が始まり、11月から販売されます。

11月からでないと本格的に作成する事はできませんが、それまでの間に行なう事はたくさんあります。

自分で撮影した写真や作ったデザインを使用する方は構想を考えたり、写真を撮り溜めしたり、何枚用意しなければならないのか確認したりする事が色々とあります。

まず準備段階で大事になるのが宛名整理です。

スムーズに年賀状を用意するためには事前に当てなを整理していた方が作成するのに簡単になり、何枚購入しておけば良いかも分かります。

リストにして用意しておけば、予約や購入する時もスムーズになり、人気の絵柄のものだと早くに売り切れてしまいますので必要枚数を11月までに把握しておく事が大事です。

最近多いのがネット注文印刷になりまして、自分で作るよりも楽でオリジナルのものが作れるのが人気が高いです。

宛名整理もできていればデザインを決めて依頼するだけなので、とても簡単であり、これらのサービスは早期割引がありますから早いタイミングがおすすめです。

また手書きに拘りたい場合も丁寧に作ると、どうしても時間が掛かってしまうので早く仕上げた方が年末ゆっくりできますし、パソコンを使用する場合でもデザインを一から考えると時間がかかり、編集するとなると大変ですから11月から作り始めた方が良いでしょう。

作り方ですが、最近は簡単に作られるツールが多くあり、ネット印刷注文もありますので、そこまで苦労する必要はありません。

インターネットからデザインを拾ってきて編集するだけでも良いですし、郵便局で絵柄付きを購入してメッセージを添えるというだけの方もいます。

自作する場合はメッセージは当然として、スタンプやシールを上手く使う事で可愛らしいオリジナルなものを作成できます。

年賀状作成に慣れている方の場合は年末ギリギリでもすぐに仕上げられますが、毎年苦労している方は早めに必要枚数を把握して、販売開始される11月から用意しておいた方が、しっかりとしたものが作れてゆっくりする事ができます。

まとめ

2018年 安い年賀状印刷 まとめ
2018年の年賀状を安い年賀状印業者は「ネットスクエア」が1位でした!

2018年は戌年(いぬどし)なので、「バグ」「トイプードル」「チワワ」「ダックスフンド」「柴犬」などをゆるくした感じの、かわいらしいデザインがたくさんあります。

自分好みでもいいですし、相手の好みのデザインに出会えるといいですね。

最後に、まだ格安年賀状印刷業者にネット注文しようかどうか迷っている人へ、格安年賀状印刷が人気の理由を紹介します。

格安年賀状印刷が人気の理由は、

  1. 激安!
  2. かわいい・かっこいいデザインのオリジナルの年賀状が、簡単にできる!
  3. 写真を入れることも簡単!
  4. 年賀状の作成を丸投げできる!
上記の理由から「安い・早い・簡単・キレイ!」が格安で出来る年賀状印刷が流行っています。

昔の年賀状は手書きが当たり前でしたが、最近はスマホで年賀状印刷をネット発注!という流れが主流ですよ!

是非、2018年の年賀状作成をネット注文で作ってみると良いでしょう!

以上、安い年賀状(2018戌年)ネット注文おすすめ口コミランキング|安い!早い!簡単!キレイ!・・・でした。

2018年の安い年賀状印刷ネット注文対応エリア

全国(北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄)

サイトマップ