年賀状で出産報告をする時の注意点と写真の選び方

年賀状 出産報告 注意点 写真 選び方

年末が近くなると考えなくてはいけないのが年賀状です。最近はLINEやメールで済ませる人が増えたため、年賀状を送る人が少なくなってきています。

それでも毎年貰うと嬉しい物です。年賀状と共に、近況を報告する人もいるでしょう。

結婚や転居、七五三の子供の写真入りなど様々な形の年賀状があります。赤ちゃんが生まれた人は、出産報告を兼ねて出す人も多いでしょう。

この出産報告を兼ねた年賀状、作る際の注意点もあります。まず出産報告の年賀状の場合、ほとんどの人が生まれた子どもの写真付きにするでしょう。

やはり可愛い子どもの顔は見てもらいたいのが親心です。でも意外と写真付きの年賀状の扱いに困るという人も多いのです。

仲の良い家族や友人の子どもなら、成長を楽しみに見ることができます。しかし、それほど普段会わない相手の子どもはあまり思い入れがないものです。貰ったはいいけど、写真入りだといずれ処分するときに罪悪感を感じます。毎年どんどん貯まるものなので、定期的に処分も必要になってくるのです。そのため写真やデザインの選び方が大切です。

ほとんど会わない関係の人なら、あえて写真を使わなくても良いでしょう。子どもが生まれたことは、言葉だけでも十分に伝わります。物足りない人は赤ちゃんの絵が入ったものを選んだり、絵がかける人は端っこに手描きで似顔絵を足しても可愛らしいです。

最近の年賀状はかなりの種類があるので、写真を入れないタイプの出産報告デザインも多いです。キャラクターを使ったデザインなら子どもらしさも出ておすすめです。写真を入れるなら大きなものではなく、小さく控えめなものだと感じよく見えます。

独身だったり、なかなか子宝に恵まれなかったり、人それぞれ事情があります。あまり嫌味にならず、当たり障りのない報告だと気を使いません。

一年の一番最初に見る挨拶です。貰った人が気持ち良くお正月を過ごせるように素敵なデザインを考えてみましょう。

おしゃれで安い年賀状ランキング2018