年賀状で七五三を報告する時の写真の選び方と書き方のポイント

年賀状 七五三 写真 選び方 書き方 ポイント

メールやLINEといった、スマホやパソコンがあればすぐに送ることができるメッセージは、送る方にとっても受ける方にとっても手軽ではありますが、その分味気ないと感じる人も少なくないかも知れません。

そのため、特に一年の始めという特別な節目の時には、年賀状という手間も費用もそれなりにかかるやり方によってメッセージを送るという人が、ネット社会化が進行した現在でも大勢いるのです。

年賀状を送る場合に、自分の子どもの七五三を祝ったことを、新年の挨拶と共に伝えるという家庭は少なくありません。

特に離れた場所で暮らしており、その子どもの七五三のお祝いの場に参加したくてもできなかった、お祖父さんやお祖母さんといった親しい間柄の人たちにとっては、そのような年賀状を受け取ると大きな喜びとなるでしょう。

ただ、せっかくそういった形で七五三の報告をするのであれば、受け取った相手により良い印象を感じてもらえるように、写真の選び方や書き方に気を付けることが望ましいと言えます。

まず写真の選び方のポイントについてですが、主役である子どもが特に可愛らしく写っているものなど、親から見て最適だと思えるものであれば、それほど難しく考える必要は基本的にないでしょう。

ただあまりにふざけたポーズのように、七五三という伝統的な行事らしくない姿が写っている写真は避けた方が無難です。

また送る相手によって、選び方を変えるというのも効果的です。

例えば孫の可愛い姿をしっかりと見たいであろう自分の両親には、その子どもだけが写った写真を、自分たちもあまり会っていない親戚には、近況報告も兼ねて家族全員が集合して撮影した写真を選ぶといったようにです。

次に年賀状の書き方のポイントについてですが、常識的なマナーの範囲内であれば、それほど畏まる必要はないとは考えられるものの、七五三のお祝いをくれた相手に対しては、そのことに対する感謝の気持ちをしっかりと書いておくことは重要です。

格安年賀状ネット注文ランキング2018