年賀状を先生から生徒へ出す時のデザインと注意点

年賀状 先生から生徒へ デザイン 注意点

学校で働いている方だと先生の立場から生徒に年賀状を出す場合があると思いますが、そういった時はどのような点に対して注意しなければならないのでしょうか。

先生のなかには立場がありますので生徒に年賀状を出しても良いのかと疑問に感じている方も大勢います。

しかし、担任しているクラスの生徒全員に年賀状を出して、それぞれに個別のメッセージを添える事によって子供達のやる気に繋げる事もできます。

それにしっかりと見てもらえる事が分かるので貰った側もとても嬉しいものなので送っても問題はありません。

そこで大きな注意点になるのが個人情報の問題になりまして、最近では個人情報の保護やトラブルの回避のために先生や生徒の住所を知らせないケースがほとんどなので、生徒側から差し出すという事が難しいですし、送られてくるのが嫌だと感じる場合があります。

そういった場合にした方が良いのは差出人の住所を個人的な情報になる自宅ではなく学校の住所にしておけば良いでしょう。

デザインの選び方ですが、これは送る相手の年齢にもよりまして幼児や児童や小学生低学年向けの場合は可愛らしいデザインの方が好まれるかもしれません。

それに読みやすいように漢字を使わないようにして平仮名を文字にして理解できる表現の文章を使う事が大切です。

また児童や小学生低学年の場合は相手の敬称が「くん」や「ちゃん」や「さん」でも良いのですが、ある程度の年齢になりますと生徒相手でも「様」にしておくのが無難です。

デザインもそうですが、メッセージの方も個別にオリジナルなものである方が喜ばれますし、具体的な内容であればあるほど評価が高いです。

上司や同僚に送る年賀状ではありませんから比較的柔らかい文章で大丈夫ですし、ビジネスのようなものではなくファミリー宛ての感覚の方が良いでしょう。

基本的に先生が生徒に年賀状を送る時はデザインもメッセージも含めてカジュアルなものでも良く、相手に合せる形で喜んでもらえるものを作ると良いです。

安い年賀状ネット注文ランキング2018はこちら