年賀状の上手な整理・整頓方法

年賀状 上手 整理 整頓 方法

年賀状の整理整頓については、人それぞれで違いますし、目的によっても違いますので、一概にこの方法がベストだと断定するというわけには行きません。

しかし、ある程度は共通するものがあり、その意味では応用したり参考にするためのヒントになる方法などがないわけではありません。

まず、最初に整理と整頓ということを理解することが出発点となります。

整理というのは、要るものと要らないものを区分けして要らないものを処分することを言います。年賀状でも、要るものと要らないものがあるはずなので、まずは要らないものを処分することから始めます。

そして次が整頓ですが、整理の後で使いやすいようにするということですから、連絡先を確認するとか、次の年に出す年賀状のために分かりやすくしておくとことになります。

整頓の方法として、もっともポピュラーなのは、透明の葉書フォルダーに収納しておくというとになりますが、あいうえお順が便利であれば、その順にするという具合です。

仕事の関係が優先するのであれば、得意先別ということも考えられます。

あいうえお順の得意先別の組み合わせということもあります。

通常は仕事や友人など様々な関係があるので、自分の生い立ち順で、小学校から大学までの順でひとくくりし、その次に仕事経歴の順、趣味の仲間、その他の友人知人、親戚関係という具合にしてもいいですし、最優先するべき人がいれば、最初にVIP群として整頓しておく手もあります。

こうしたフォルダーを見やすく使いやすくするためには、フォルダーをどう整頓したかをパソコンのエクセルなどにインプットするとさらに便利になります。

縦に前述の群を用意し、次の欄に氏名・住所などを入れておき、さらに年別の欄を設け、出状したかどうかを「1or O」で表示するの有効です。集計すると出状枚数や出さなかった枚数が確認でき、翌年の準備に余計な頭を使わなくても済むという具合です。

そして、この場合も、整理と整頓という考え方を取り入れることです。中には難しい名前(戒名のことですが)に代わってしまう人もいるのですが、この場合は処分というわけにもいかなければ別枠に保存するのが良いのです。

アプリで安い年賀状2018を頼みたいならこちら