セブンイレブンの年賀状印刷「コンビニだから絶対間に合わないと思ってたのに・・・」

体験談ジャンル 利用した年賀状印刷サービス
感動系
セブンイレブンの年賀状印刷
ぷいっとさん
40代女性

●「いやぁ・・・困った。年賀状枚数まちがっちゃったし」
毎年、相手に応じて年賀状を、自作自筆で心のこもった年賀状タイプ・プロの印刷業者さんによるフォーマルで端正なタイプによる印刷と使い分けているわが家。

いつもだいたい枚数を秋ごろに皆に確認してから、早期に印刷業者さんにお願いして、年末前に、受領すると言った流れです。

ところがある年、お仕事でのフォーマルな印刷タイプ年賀状が、急に大量に必要となる人があり、数十枚、プロによる印刷物が無くなってしまいました。

12月に入ってからだったもので、その地域の印刷業者さんは、年末の年賀状やお年始の交歓会向けの名刺や印刷物、販売用のパッケージやごあいさつ用パンフやグッズ、年末年始の新聞やチラシ、フライヤーなどの印刷でもういっぱいいっぱい。
年内に少量の年賀状印刷に回す余力が無いのか、日程的にはちょっと難しいといった感じだったと言います。

「これは、他の家族のフォーマルタイプの年賀状を、自作に切り替えるしかないかも」・・・

●意外なところに、年賀状界の救世主発見

「もう間に合わない、だめかも」と思っていたところに目に留まったのが、セブンイレブンの「まだまにあう、年賀状印刷」のポスターとのぼり。

特に地方では、やはり年賀状印刷は、地元の印刷業者さんでしっかりとしたものを・・・という傾向も強く、いつ出来上がって来るか見えそうにないコンビニ年賀状には、まだまだ空きがあったのです。

そこで少量を注文できましたが、「実は間に合わないとかありなんじゃない?」とみんなで内心ひやひやでした。

●年末かなりギリギリでも、選択できる年賀状デザイン数はとても豊富

カタログもしっかりして、文字の入れ方などもわかりやすく指定。
あっさりさっぱりした、本当にコンビニそのものの店員さんの対応でしたが、しっかりしたものが年末前に間に合いました。

ただし、時短で確実に受領するには、デザイン型によって、当時はカタログにあったいくつかのモデルは指定できないといった制約がありました。
それでもあのデザイン数で100点は下らないので、あまりに豊富ですけれどもね・・・

そんなこんなで、年内に受け取った年賀状。
会社や自宅でのPCプリンタからの印刷とは全く違う、美しく鮮やかで滑らかな印刷面に、プリンタ専用紙ではない年賀はがき用紙によるしっかりとした本格印刷が、ほんとうに数十枚から数週間以内に、確実に届くんだぁ!
を実感した次第です。

ほんと、便利な世の中だ。