年賀状で入園を報告する時の写真の選び方と書き方のポイント

年賀状 入園 写真 選び方 書き方 ポイント

毎年年末に近づくにつれ、年賀状の準備に追われる人は少なくないでしょう。デザインや文面を決めたり、印刷したりと送る準備は大変ですが、貰うと嬉しいものであることも知っているので頑張る気にもなります。

また普段は密に連絡を取らない人と一年に一度、年賀状でお互いの近況を知らせ合うという重要な役割も担っている事が非常に多くあります。

そのため多くの人は準備は大変でも、毎年年末になると必ず年賀状を出します。

結婚や子供の誕生、引っ越しや転職など、生活の中で大きな出来事を報告する際にはとても有用なツールとも言えるでしょう。家族ぐるみで親しい人へ出す場合は特に、子どもの成長の節目の出来事を年賀状で報告すると喜んで貰う事が出来ます。

子どもの誕生時や七五三などの行事や、子どもの入園を報告するのも良いでしょう。

貰った人からすると、こんなに大きくなったのだと感慨深い思いにもなりますし、子どもの成長ぶりも目に見えて嬉しく感じます。

年賀状で子どもの入園を報告する際は使用する写真の選び方と文面の書き方にポイントがあります。まず使用する写真は、一目で子どもが入園した事が分かる写真を使用しましょう。

制服を着用しているものや入園式の際のものだと一目で入園したことが分かりますのでおすすめです。文面に関しては、入園したことを書くことはもちろん、園でどのような生活を送っているのかも書くと喜ばれることは間違いありません。

一人でトイレに行くことが出来るようになった、挨拶が出来るようになった、食べ物の好き嫌いが無くなった、など子どもが成長した点を書くのも良いでしょう。

この一年でどのように成長し、変わったか報告できる文面になるように心がけましょう。そうした年賀状を貰うと、貰った方も子どもの成長に目を細めるはずですし、たとえ会っていない時間が長くても親近感を持ってくれることに繋がります。

年賀状を上手に利用して、会いにくい人とも末永く交友を保っていきましょう。

2018年の年賀状印刷が安いショップランキングはこちら