ノハナの年賀状印刷の優れた能力で年賀状を作った体験談

体験談ジャンル 利用した年賀状印刷サービス
面白い系・呆れた系
ノハナ
マッコさん
30代女性

3年前結婚をし、その挙式の最中に取ってくれた写真を、年賀状にしました。結構、同級生も結婚・出産ブームであり、年賀状を見て近況報告している人もたくさんいたため、年賀状報告は一つの「結婚できました」報告も兼ねていた気がします。そのため、写真選びには一生懸命になりました。

もちろん頼んだ年賀状の種類は、「高画質」でインクジェットの質もよいものを頼みました。結婚式の写真もスマートフォンでとったのもではなく、業者が撮影してくれ、しかも映りが良いものを選択しました。数枚旦那様と相談してピックアップし、最終的には二人で乾杯のシャンパンをカメラに向けてポーズをとっている写真にしました。白のウエディングドレスをきて、銀色のタキシード、指には結婚指輪が見えている写真です。

 数週間後、完成を心待ちにしていました。早速出来上がった年賀状を見ると、まぶしいくらいのおでこのテカリが映り込んできました。結果、画質や印刷をよいものにしたが故に起こったおでこのテカリ。しかも白のドレスを着ている状態です。どこを見てもまぶしい年賀状になってしまいました。隣に写っている旦那様はさわやかな笑顔で写っているのに…忘れられない年賀状です。

 新年年の挨拶はきちっと年賀状で行い、普段お世話になった人への感謝の気持ちを書きたいと思って、毎年作成しています。結婚し、子宝にも恵まれ、今は4人家族になりました。毎年年賀状で作成しているサイトは、同じところで、結婚式のまぶしい年賀状にならないように、プレビューやインク関係の説明には、食い入るように確認するようになりました。今も、今年の年賀状を作成中ですが、注意を払っています。