「ネットスクウェア」での年賀状印刷は難しいのか?

体験談ジャンル 利用した年賀状印刷サービス
呆れた系
ネットスクウェア
餅つきうさぎさん
30代女性

私のお父さんの体験談になります。いつもギリギリに印刷をして元日に間に合わなくなるタイプなので、その年は印刷サービスを利用すると言うことを事前に決めていました。印刷サービスの裏面は自分で画像を持ち込みしてくださいと言われたらしく、父親はとてもとても悩んだ末、昨年の年賀状画集をパラパラめくりながら印刷の画面を探していました。

そしてこれに決めた!と言うものがあったので早速業者さんに持ち込みをしました。一ヶ月以上前に持ち込んだと思います。印刷業者に頼めば印刷は本当にすぐできます。あっと言う間でした。今年は早くできたぞ!と言うことでとっても喜んでいたのですが、私が確認をすると、次の年は亥年の干支にもかかわらず、昨年の画集を見て決めた父親が持っていった画像は前の年の犬の写真でした。

印刷業者さんも画像の中身までは確認ができません。亥年でも犬の絵を送る方なんだろうなと思われたんだと思います。しかも写真だったため、きっと愛犬だと思われたことでしょう。亥年に、犬の絵を送った父親を、そして締め切りに間に合い元旦に着いた父親の年賀状を悲しいけど、褒めてあげたいと思います。反省ですが、年号を入れておけば業者さんのチェックもあったのかもしれません。

または、書損と言うことでいくらか払って新しい年賀状をもう一度買うべきだったのかもしれません。印刷をし直すこともなく新しい年の年号を書き加えて犬の写真で年賀状送った父親に再度拍手をしたいと思います。皆さんも気をつけてください!