取引先の会社や常連のお客さんへ年賀状を送るメリットとは?

取引先 会社 常連のお客さん 年賀状 送る メリット

近年のインターネット時代においては、他人との色々なやり取りをメールやLINEで行う人がとても多くなっており、かつてのように葉書や手紙を送るという形でのコミュニケーションは、特に若い世代の人たちの間では廃れてきています。しかしそういった世の中にあっても、年始の挨拶だけは年賀状という形で表現するという人は少なくありません。

年賀状は家族や親せき、友人などのプライベートで関係がある相手だけではなく、取引先の会社や常連のお客さんといった、仕事上で関係がある相手に対してもよく送られるのですが、その理由はもちろんお世話になっている相手に対する感謝の気持ちを表したいという純粋な気持ちの表れである場合も多いでしょう。

しかしそれだけではなく、メリットがあるから送るという人も大勢いるのです。

取引先の会社や常連のお客さんへ年賀状を送ることのメリットとしてまず考えられるのは、礼儀正しい人であるといった好印象を相手に持ってもらえることにより、それから先の仕事での関係を、より良好にできるというものが考えられます。

メールやLINEといった、お金もかからずに手軽に送れるメッセージは、送られる相手にとっても、いつでもどこでも気軽に読めるという利点はあるものの、受ける印象も軽いものになっていしまいがちです。

しかし年賀状という、費用も手間もメールなどよりはかかる形での挨拶であれば、それだけ自分を大事に思ってくれているのだといったように、良い印象を持ってもらいやすいのです。もちろんそのように感じてもらうためには、書き方がきちんとしていることが肝心であることは言うまでもないでしょう。

また、年賀状はデザインや文字のレイアウトなどに色々と工夫を凝らすことができるので、取引先の会社や常連のお客さんに対して、嫌なイメージを与えることなくビジネス的なメッセージを送りやすいというメリットもあります。

例えば新年の特別セールやサービスなどのお知らせを、効果的なお知らせすることが可能になるのです。

2018年の年賀状印刷が激安でできるところ