年賀状を毎年出したくなる理由とは

年賀状 毎年出したくなる理由

近年では年賀状離れが進んでいると言われてから久しいですが、そう言われながらも毎年送り続けている人がほとんどなのではないでしょうか。確かに、インターネットがなかった時代と比べれば、現在ではメールで送ってしまう人も増えているため、かつてに比べると紙で出す人は減っているのも事実ではあります。

しかし、紙の年賀状が元旦に届いた場合と、メールで送られてきた場合とで、どちらが受け取った方が嬉しいかと言うと、前者だと答える方が圧倒的なのではないでしょうか。メールであれば極端な例を挙げると、何十人もの人に同じ文面を一気に送信することが可能です。

しかし、紙の場合は一枚一枚用意し、宛名を書く必要があります。

短文やスタンプで対話を済ませてしまうなど、コミュニケーションが圧倒的に軽くなっているいまの時代は、その内容量があまりに多すぎることもあって、一つ一つのコミュニケーションが形に残らず埋もれていってしまいがちです。

元日丁度にメールで届いた年賀状も、数日経てば他の雑多なメールにすっかり紛れ、忘れ去られてしまうかもしれません。

そこへ行くと、紙で届いた年賀状はいつまでも形に残るので、見返せばいつも相手のことを思い出したり、自分のことを思い出してもらったりできます。

日本には毎年年賀状を送る習慣が強く根付いているので、しばらく連絡をとっていなかった相手にも気軽にコンタクトを取りやすいのが、年賀状のメリットでもあります。

長らく連絡を取っていなかった相手から突然手紙が送られてくると、相手は驚いてしまうかもしれません。

書く側としても、交流が途絶えていたりすると、何を書けばいいのかに頭を悩ませるのも事実です。その点、年賀状であれば定型文を書くだけで立派に形式が成り立つので、送る側も受け取る側も余計な神経を使う必要が生じません。

お互いに特別な気負いを必要としないながらも、送った相手の心を温かくできる年賀状は、この先も相手を思いやる日本人らしいコミュニケーションツールとして存在し続けるでしょう。

安い年賀状比較ランキング2018