年賀状で結婚報告をする時の写真やテンプレートの選び方

年賀状 結婚報告 写真 テンプレート 選び方

年賀状は旧年中お世話になった方々へのお礼のご挨拶と、新年のご挨拶の意味を込めた大切な挨拶状です。

インターネット普及においてやSNSなどの普及により送らない方もいますが、一年に一度、一枚一枚丁寧に気持ちのこもったはがきは、温かみがあり、日本独特の良い文化であるといえます。

年賀状においては一年間のお礼と新年のご挨拶とともに、今の状況をお伝えするといった、年賀状ならではの事柄があります。子供の写真などを載せて子供の成長をお伝えしたりすることも、普段なかなか会うことのできない親類やお世話になった方々へ大切な報告となるツールです。

環境の変化で一番良く年賀状が使われるのが、結婚報告です。

結婚報告を年賀状で出す場合、どのような写真やテンプレートの選び方を悩む人もいます。結婚報告の場合はやはり、新郎新婦の写真をメインに載せることが良いです。結婚披露宴のドレスなどの衣装を着用して、プロのカメラマンに撮ってもらった写真を使う事例がとても多いです。

親類など結婚披露宴に出席した人も、出席せず新郎新婦に会うことのできなかった家族などに写真を見せながら紹介できるのも、他のツールではなかなかできない、年賀状ならではです。親類とのやり取りは大抵、結婚報告から始まることが多いです。

今まで自分一人の場合は親が出すものに自分のことも含めて出すことも多く、直接個々のやりとりが無かった親類でも、結婚報告を機に、毎年年賀状をやり取りしあう、個々のお付き合いを始め、本格的な親戚のつながりが始まっていくといえます。

その親戚づきあいの初ともなる年賀状は、結婚報告を中心とした自分たちの今の現況をお伝えする重要なツールと言えます。

特に新郎側の親類とは長いお付き合いになることもあるので、年に一度のご挨拶はとても大切なものとなるとともに、載せる写真やテンプレートなどを十分にセレクトする必要があります。

自分たちの個性を活かしつつ、礼儀のあるものが必要となります。

結婚報告の年賀状2018を安いネットショップで頼みたい人はこちら