寒中見舞いを出すタイミング(時期)と書き方

寒中見舞い 時期 書き方

寒中見舞いを出すタイミング(時期)を理解するためには、そもそも寒中がいつなのかと言うことを理解する必要があります。寒中見舞いは寒中の頃に届くように出すものであり、その寒中とは小寒と大寒の間のことです。ただこの期間には1月7日までに届く年賀状の期間も含まれています。

ですから年賀状以降、1月8日以降の、大寒の最終日までが寒中見舞いが届くのにふさわしいとされており、出すタイミング(時期)としても、その期間内に届くことを目安にする必要があると言えます。ちなみに大寒の最終日は、立春の前日である節分の日です。

ですから寒中見舞いを出すことができる期間としては、だいたい1ヶ月程度はあると言うことです。

寒中見舞いの目的は、第一には厳しい寒さの中、体調などを崩していないかどうか、相手の様子をうかがうことを兼ねた挨拶です。

そしてそれと同時、たとえば相手方が喪中と知らずに年賀状を出してしまったことに対してのお詫びや、逆にこちらが喪中であることを知らずに、年賀状を送って下さった方に対しての挨拶、年賀状を出さなかった方に対してのお詫び、挨拶などを伝えると言う目的もあるとされています。

ですから年賀状の時期が過ぎた時点で、このようなケースに該当する人に対しては早めに出すのが望ましいです。次に書き方ですが、まず冒頭は季節の挨拶から始めるのが一般的です。寒中お見舞い申し上げます、と言うのが決まり文言のひとつです。

その後は、時候の挨拶や先方の様子をうかがう言葉を続けます。寒さ厳しい日が続きますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか、とか、皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと思います、と言った文章が定型文です。そしてこの後、もし年賀状を送っていなかった、喪中とは知らずに相手に送ってしまったと言う場合には、そのことに対してのお詫びの言葉を入れます。

ご丁寧な年賀状を頂きありがどうございました、とか、亡くなられた方の名前を出し、そのご逝去のこと、存じ上げなかったとは言え、新年の御挨拶を申し上げてしまい、たいへん失礼いたしました、と言った具合です。そして、謹んでご冥福をお祈りいたします、と続けると良いです。

最後は、本年も変わらぬおつきあいをお願いいたします、とか、皆さまのご多幸とご健康、お祈りいたしますというふうに挨拶を述べ、日付を入れれば完成です。マナーとして気を付けたいのは、ひとつは、相手が喪中である場合は、おめでたい言葉は使用しないと言う点です。

また年賀状を利用するのもマナー違反なので気をつけて下さい。

おしゃれで安い年賀状をアプリでネット注文したい人はこちら