引っ越し・転居報告の年賀状の書き方

引っ越し 転居報告 年賀状 書き方

引っ越しをした場合は、本来なら年賀状を出している相手に転居報告をするのが一般的ですが、最近では年賀状で両方を兼ねて行う人が増えています。相手が出した郵便物が、宛先不明で戻ってしまうのは失礼にあたるため、郵便局に転居届を出しておきます。そうすれば、1年間は郵便物を転送してくれます。

転居報告は、本来的には転居してから1ヶ月以内に出すのがマナーです。既に転居をした場合や年賀状を出した後、近いうちに転居することが決まっているのであれば、その旨を年賀状に書いてお知らせしましょう。

転居報告を兼ねて年賀状を出す場合の適切な時期は、11月から2月までに引っ越しを行う場合です。

年賀状の書き方としては、転居したこと、新しい住所のお知らせ、転勤や結婚など、転居をした理由を簡単に書き添えます。

また、近くに来られた際にはお立ち寄りくださいという一言を添えておきます。親しい間柄であれば、新しく住んでいる場所がどんな環境のところなのかをお知らせすると良いでしょう。お付き合いの度合いによって、書く内容を変えていきます。

また、何故転居することになったのかという旨を簡単に記載します。最近では写真入りで作る方も増えていますが、アパートやマンションならリビングなどで撮ったり、外の眺めなどを撮ると良いでしょう。一軒家の場合は、家の前で家族の集合写真を撮るのがおすすめです。

年明けに引っ越しをする予定であれば、新しい住所を記載しておき、いつからその住所に変更になるのかというのを記載しておきましょう。

ビジネスでお付き合いのある相手には、挨拶状でお知らせするのが正式は行い方です。挨拶状を出しそびれた場合は年賀状で報告しても構いませんが、これから転居する場合には、改めて挨拶状で転居報告を行います。

引っ越しの理由が離婚などによる場合は、相手に心配をかけないようにする配慮も必要です。旧姓に戻って新しい生活をスタートすることを、スマートに伝えるようにしましょう。

早く2018年の年賀状をネット注文したい人はこちら