年賀状の賀詞と日付の書き方&マナー

年賀状 賀詞 日付 書き方 マナー

年賀状は子供の時から書いているからと言って、あまり深く考えないで書いていませんか。意外とマナー違反をしている人がたくさんいます。大人でも間違った書き方をしている人が多いので、書き方&マナーを頭に入れておきましょう。相手を嫌な気分にさせることなく、良好な関係を築くためにもマナーは重要です。

意外と間違いやすいのが賀詞です。いろいろとあるために、どれを使って良いのか迷ったことはありませんか。送る相手によって使い分けると良いでしょう。漢字の場合、1文字もありますし、2文字や4文字もあります。文字を見て、かっこいいと思って2文字を選んで上司に送ったことはありませんか。実は、文字数が少ない賀詞を目上の人に対して書くのはマナー違反です。4文字にしましょう。「賀正」や「迎春」には、「謹んで」と言った意味合いが入っていないので目上の人には使わないでください。

間違いやすいのが「新年あけましておめでとうございます」です。新年とあけましては、一緒に使うのは間違いです。あけましてには一定の状態が終わって新しい状態になる意味があります。つまり、あけましてだけで新年を意味していますから、新年と一緒には使えません。

日付も間違いやすいので気を付けましょう。元旦は、1月1日の朝と言う意味があります。また、元日には1月1日と言う意味がありますので、「1月1日 元旦」や「1月 元日」などは間違いです。「○○年 元旦」と書くようにしましょう。また、年賀状が1月1日に付かないと思ったら、「正月」や「1月」を使ってください。

多くの人が間違っている年賀状の書き方&マナーです。これらに気を付けていれば、目上の人に失礼にはならなくて済みます。丁寧に書こうとして、同じ意味の言葉を重複して使う人が多いのですが、かえって間違った書き方になることもありますので、無理に丁寧に書こうとはしないようにしましょう。1年の最初のご挨拶ですから、相手に心を込めて年賀状を書いてみてください。

2018年の年賀状ネット注文はここが安い!