書き間違えた年賀状や余った年賀状を交換・活用する方法

書き間違えた年賀状 余った年賀状 交換 活用 方法

年賀状を出し終わった後に残ってしまうのが、書き間違えた年賀状や余った年賀状です。

未使用の余った年賀状は、一般はがきとして使いにくいため懸賞の応募くらいしか使い道がなく、書き間違えやプリントミスした年賀状は使い道がないからと捨ててしまうなんて勿体ない、切手やレターパックに交換することができるのです。

便利でお得なサービスを賢く活用しましょう。書き間違えた年賀状や余った年賀状を交換する方法は簡単、郵便局で交換してもらえます。

1枚5円の手数料はかかってしまいますが、断然お得。
汚れたり、過去の年賀状も対応してくれるのです。

交換できるのは、通常切手(弔辞用切手を含む)、通常はがき、往復はがき(その他各種郵便はがき)、郵便書簡、レターパック封筒、スマートレター封筒など。
ただし、その年の新しい年賀状と切手への交換はできないのです。

元旦に配達される年賀状は、消印が押されていないため一見未使用に見えますが、仕分け時にバーコードが印刷されているので、交換に出すときには混ざってしまわないように注意しましょう。

また近親者の不幸のために、せっかく用意した年賀状が使えなくなってしまった場合。使えなくなった年賀状には手数料がかからず、無料で交換してもらえるのです。

対象となるのは、お年玉付き年賀ハガキ(4面連刷り、インクジェット紙、くぼみ入り、寄付金付き)、寄付金付きお年玉付き郵便切手も対象となります。

郵便局の窓口で服喪であることを申し出て、備え付けの請求書に住所氏名と亡くなられた方の名前を記入して提出するのです。無料で対応してくれる期間は、お年玉付きはがきの販売開始日から、販売終了日と期間が限定されているので注意が必要です。

交換した通常切手は手数料はかかってしまいますが、金券ショップで換金することもできるのです。買取相場は、価格の約50~90%とされています。かなり安くなってしまいますが、現金にしたいという場合には利用したい活用方法なのです。

安い年賀状印刷が写真付きで出来るショップのランキングはこちら